ランニング体験【1】運動初心者がランニングを始めた理由・初日の感想と1週間後の変化

今回は、運動をほとんどしてこなかった運動初心者の私がランニングを始めてみた初日の感想と、初日~1週間の間で起きた変化についてお話します。

  • ランニングなんて私にはとうてい無理!(だけどちょっと気になる)
  • ランニングするなんてかっこいいよな~憧れる~
  • 運動不足を解消したい!けど、何から始めればいいのやら
  • ランニングならお金をかけずに始められそう!
  • ウォーキングは好きなんだけど、少し飽きてきたかも


・・・こんなことをお考えの方に向けて、今回は記事を書きました。

実際に走ってみるかは置いといて、ちょっと興味はあるんだけど、できる気がしない、自分にできるか不安、なんて方のお役に立てたら幸いです。

私コクリコがどれだけ運動不足の運動初心者だったのかを知れば「こんなコクリコさんでも始められた・・・なら私にもできるかな?」と思って頂けると思います。

どれだけ運動不足で運動初心者だったのか

定期的にランニングをするなんて、すごいスポーツマンみたいな感じしませんか?

私はそう思っていました。

特別に運動ができるとか、運動が好きな『スポーツマンのやること=私がやることではない』と思っていたんですよね。

会社員 & 主婦 & ブロガー & Webライター の4足のわらじを履く私コクリコですが、会社員の仕事もデスクワークなのでとてつもない運動不足。

通勤時に歩くなんていう方もいますが、私は会社の仕事も在宅勤務なので歩いているのは家の中だけ。

その上、仕事前や仕事後には複業(副の仕事ではなく複数の仕事)として、ブログを書いたり、Webライターの仕事をしたりしています。

家事についても子供がいない夫婦2人分なのでたいした活動量でもなく、平均すると1日14時間は座っています。

座ってばかりだと血流が悪くなるし、肩も凝るしで困ったもんなのよね。

一応、身体を動かす系の趣味もあるのですが、それはやっても週1回か2週に1回程度なので、とても運動不足を解消できるほどではありません。

また、学生時代も中学生の時は運動部に所属していましたが、高校では部活は辞めてバイトしてたので、まとまった運動はしていませんでした。

その後は、大病に見舞われて入退院を繰り返したりで体力も衰えに衰えて、そして10数年が経過して今に至るって感じです。

超絶、運動初心者の運動不足の人間なんだとお分かり頂けたと思います。

なぜランニングを始めたのか・開始した理由

運動初心者で運動不足なコクリコがランニングを始めた理由はこんなところです。

  1. 運動不足すぎるから運動不足を解消したい
  2. ウォーキングはたまにするけど物足りない
  3. 痩せたいから・ダイエットのため
  4. お金もほとんどかからず継続もしやすそう


では一つづつ解説していきます。

1. 運動不足すぎるから運動不足を解消したい

これは前項でも述べたとおり、今の生活スタイルが運動不足すぎるからです。

健康面も気になるお年頃ですので、このまま運動不足な生活を続けていたら危ないのでは?という危機感もありました。

また、運動不足の解消ということは毎日とは言わずとも定期的にできるものでないと意味がないと考えました。

サーフィンとかも興味あるけど、湘南や九十九里とかに住んでるわけでもないので頻繁にやるのは厳しいし、登山も好きだけど仕事がある日は無理ですよね。

そうなってくると、仕事がある日でもできる運動となればジムに通うとか、ヨガとか、スイミングとか、サイクリング、ウォーキング、ランニング、あたりになります。

  • ジム → 前は通ってたけど使いたいタイミングでマシンが埋まってたりするとストレス。景色が変わらないのも飽きてくる。
  • ヨガ → 前は通ってたけど気持ちいいのは認める。気持ちよくて好きだったんだけど運動効果となると足りないような、物足りない気分。
  • スイミング → 前はジムのプールで泳いでたけど、妊活中なので身体を冷やしたくない。
  • サイクリング → これは現在も趣味でやっているけど、事故らないようにとかけっこう神経を使うので週1回くらいで十分。
  • ウォーキング → 前は毎日1時間とは歩いてたけど負荷が軽すぎて飽きた。
  • ランニング → やったことない未知なるもの。チャレンジしてみよっかな?

羅列してみると挫折しまくりね・・・我ながら面白い

こんな感じで、消去法でランニングをやってみようかなと思ったわけです。

2. ウォーキングはたまにするけど物足りない

これは1でも少し書いたのですが、ウォーキングはけっこう好きで前からちょこちょこやってた時期もありました。(ずっと継続しているわけではない)

けっこう早歩きで運動になるように頑張っていたのですが、それでもなかなか痩せないし体つきも変わらないし、目立った変化は感じられず。

ウォーキングをやっているとたまに「走ってみようかな?」と思ったりもしてて、ウォーキングだけでは物足りなさを感じてる自分に気が付きました。

3. 痩せたいから、ダイエットのため

もうほんとこれは、多くを語る必要はありませんよね。

やっぱりネットで色々なダイエット方法を調べても、ランニングで痩せたって話をけっこう耳にします。

逆に痩せないって話も聞きますが、体質とか食生活にもよりますし、自分だったらどうかな?とチャレンジしてみても良いかなという感じでした。

あと、私がダイエット界において素晴らしいなとひそかに尊敬しているー40kgものダイエットに成功したMartyさんもランニングで痩せています

-40kg 痩せるまでの運動歴 Ameblo公式トップブロガー Marty 

開始時点は90kg近くあったようで最初はウォーキングから始めたそうですが、痩せてきて74kgくらいになった頃からランニングに切り替えたようです。

私は身長はMartyさんと同じくらいですが、体重は50kg台後半からたまに60kgを超えたり戻ったりを繰り返しているような状態。

いわゆる適正体重(美容体重ではない)の上の方っていう、デブとは言われないけどぽっちゃりには当てはまるなっていう体型です。

ちなみに自分が適正体重かどうかはここから簡単に計算できますよ!

適正体重・美容体重・モデル体重

モデル体重まではならなくてもいいかな~と思いますが、美容体重くらいは目指したいところ。

過度に太っているわけではないので、まずウォーキングとは言わず最初からランニングで良いかなと思いました。

4. お金もほとんどかからず継続もしやすそう

何をやるにも最初は道具を揃えるためにお金がかかるものですよね。

初期費用とか初期投資とかって言いますが、これは少なければ少ないに越したことがないと思います。

ランニングの初期費用なんて最初はウェアやシューズ代くらいです。

帽子、サポーター、サングラス、心拍数が測れるスマートウォッチ、ワイヤレスイヤホン、なんかもあればあったで良いですが、なくても問題ないです。

一切お金をかけずに始めるのも良いのですが、ある程度の初期投資は必要かなと思います。

なぜ初期投資が必要と思うのかは長くなるので、また別の記事で書きます。

ウェア(代用品があればそれでも可)と専用シューズ(これは足を痛めるので買った方が良い)だけ用意すればいいので安く済みます。

ジムやヨガだと、ウェア等の他に月会費もかかりますし、サーフィンや登山やサイクリングなんかは道具にお金がかかりますもんね。

そういう意味でもランニングは最初に少しお金をかければ、あとはしばらく0円なのでお財布的にも続けやすいと思いました。

ちなみに私がランニングを開始するにあたってインストールしたアプリはこちら。

Runtastic GPS ランニングアプリ

走った距離や、経過した時間、1kmごとにかかった時間、消費カロリー、走った経路、等が計測できて、1kmごとにアナウンスで知らせてくれます。

あと、別に特別な施設がなくても、ただそこに道があるだけで走れます。

しかも私の家の近くには大きい公園があり、その中に整備された道があるので、そこを走れば信号で止まることもなく車もいなくて安全です。

そういったことからも継続しやすそうなので、ランニングを始めようと思いました。

前置きはこの辺にして、さっそく走り始めるわよ!

ランニング初日:2kmで精一杯たまにウォーキング

いざ、走り始めるぞ!と開始したはいいものの、初日は散々な結果でした。

家をスタートして、近所の公園の中を走り、なんとか頑張ったもののアプリからの2km地点とのアナウンスを聞いてランニングは中断

さすがにそれだけで止まって引き返すことはせず、呼吸を整えながら、そのままウォーキングに移行しました。

そして、ウォーキングのまま公園の端まで行き、折り返してから1kmだけランニングして、またウォーキングに戻して帰宅。

2km+1kmの計3km しか走れませんでした。

そりゃそうですよね、運動初心者の運動不足な人間がいきなり走ってもこんなものです。

自分の走れなさにガッカリしつつも「でしょうね」という気持ちもあったので、初日はこんなもんかと思いました。

自分の走るペースもまだ掴めていないし、走り方も呼吸の仕方もめちゃくちゃです。

でも何事もやってみないと分からない!(これ私の信条です)

  • たったの計3kmでへとへとになる
  • 8km中5kmはウォーキング
  • ペースが早すぎた?呼吸が乱れまくってた
  • 家から公園の端まで行って折り返し帰宅した距離は約8km
  • 今すでに持っているランニングシューズでは足の小指に水ぶくれができる
  • (翌日)もも・ふくらはぎが恐ろしい筋肉痛に見舞われる
  • (翌日)お尻となぜだか腹筋も少し筋肉痛になる


これが分かったっていうだけでも初日は上出来!と思うことにしました。

何事も最初の一歩ってなかなか勇気がいるし、億劫なものですが、その一歩を進めたってだけでも初日の成果はあったと思います。

ランニング開始から1週間で起こった変化

あまり最初から飛ばしすぎても疲れてしまうので、週に3~4日走ることを目標にランニングを開始しました。

初日は前項のような有様だったのですが、めげずに1日休んで2回目のランニング、また1日休んで3回目、1日休んで4回目、と最初の週は4回走りました。

1日おきにしたのは、この記事を参考にしたからです。

毎日のランニングは初心者にはNG!実に効果的なランニング方法とは

初日は2km+1kmでしたが、これしか走れなかったのはペースが早すぎたり、呼吸が乱れたのが原因だと思いました。

そこで、どのくらいのペースで走るべきなのか?を調べて、この記事にたどり着きました。

ランニング初心者の走るペースの目安について

上記の記事にはこのような記載があります。


ランニング初心者の場合の走るペースの目安は1kmあたり7~9分がおすすめです。

もし、3kmの距離を走るなら21~27分、5kmの距離を走るなら35~45分あたりです。

引用元:ランニング初心者の走るペースの目安について

そこで初日に走った時のペースをアプリで確認してみると、なんと1kmあたり5分~6分前半でした。

なるほど。初心者なのにスピード出しすぎってやつね。

ということで2回目は意識的にペースを落として(と言ってもそれも難しい)、なんとか1kmあたり6分~7分前半のペースに。

それにより3km続けて走ることができ、ウォーキングを挟んでもう1km走って、計4kmを走ることができました。

初日の筋肉痛もあり、距離も1km延びたのですが、ペースを意識することで呼吸を乱すことなく走れたので楽でした。

3回目も同じ要領で、3km+1kmの計4kmを走破。

4回目も3km続けて走ってウォーキングを挟み、公園の端で折り返してからの1kmを2kmに増やして、計5km 走ることができようになりました。

計3kmが計5kmに増えた!我ながらなかなかやるじゃん!

さすがにたったの4回、期間として1週間では痩せません。

でも、筋肉痛がけっこう辛かったので、確実に「効いてるな」という実感はありました。

足の小指に水ぶくれができてしまうのは、絆創膏を貼ることで対策しましたが、後に違う理由もあると分かりシューズを買う必要が出てきました。

そこで初期投資が大事ということに気付いたわけです。

その初期投資が大事ということについては長くなるので、また別の記事で書きますね。

運動初心者がランニングを始めた理由や感想や効果・まとめ

運動不足とかダイエットとか様々な理由からランニングを開始するに至り、たった4回の1週間でも走れる距離が少し延びました。

また、かなり高かったランニングへのハードルも一歩踏み出したことで「なんだ!案外いけるじゃん!」と思いました。

当初、思っていた『ランニング=スポーツマンがやること=私にはできない』という認識がガラッと変わって『私にもできること』になったのは大きな変化です。

自分にもできると思えるって自己肯定感も高まるし、自信にも繋がる!

この意識が変わったというだけでも続ける原動力になりますし、大きな収穫になったのではないかなと思います。

体重という数値では変化は感じられませんでしたが、おもいっきり筋肉痛になったので、間違いなく筋肉には効いているということが分かりました。

いきなり体重が減るなんてそんな都合の良いことはありませんが、いつか結果につながるであろうと思えただけでも大きな成果です。

ランニングに少し興味はあるけど運動初心者・運動未経験の方でも、自分にもできるかも?って思って頂けたと思います。

ランニングってなかなか気持ち良いですよ!一緒に走りましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です